三次・庄原地区会

【令和二年度  三次・庄原地区会 活動報告】

みなさんこんにちは。
この1年は想像もしていなかった生活になり,誰もがそれぞれ大変な年だったと思います。まず初めに今もなお,最前線で対応してくださっている医療従事者関係者の皆さまに,心からの敬意を表します。
さて,三次庄原地区会はご存じの方も多いと思いますが,三次市と庄原市の2市で構成され,広島県の北東部,中国山地の中央に位置しています。そして県の総面積の23.9%を占め,二次保健医療圏では,県内最大の面積を有している故に広く,研修会や会合を持つのにも中間どころで会場は押さえるものの,往復1時間以上のメンバーばかりです。ちなみにメンバーは年々減り現在11名で活動をしています。前回も紹介しましたが,少ない人数での活動なので年1回の研修会を持たせて頂いています。昨年はこのような状況下で研修会は開催できませんでしたが,これまでは歯科医師会の先生方が講師を快く引き受けてくださり,普段は聞けないような質問にも少人数ならではで気さくに答えて頂けるという貴重な時間を設けて頂きました。また地域でご活躍の作業療法士・運動指導士の方等多職種の方にもご協力を頂き開催できている状況です。研修会を企画すると「参加者がほぼ当日の運営スタッフ」という具合で土地面積の割には大変小人数での活動ではありますが,小人数だからこそお互いの状況も理解しあいながらこれまでやってこれたのではと思っています。そうは言ってもメンバーが増えないと活動が難しい為,会員の皆さまで我が地区に知り合いの方がいらっしゃいましたら,是非ご紹介ください。お願いいたします。
なお,写真は2年前の久々の懇親会での近況報告をしている様子です。
安心して暮らせる日々が戻ってくることを心より願いつつ,新緑が美しい山々に癒されている瞬間をとてもありがたく感じている三次庄原地区会でした。